痛すぎるニードル脱毛

ニードル脱毛は電気脱毛とも言います

ニードル脱毛は、プローブと呼ばれる針を毛穴に挿入してから電流を流して、発毛の組織を熱により破壊を行う方法です。毛穴にプローブを挿入しては電流を流すと言う事を繰り返し行うため、広範囲の箇所の脱毛には時間が掛かります。それと、プローブを挿入する時の痛みや電流を流した時、そして発毛組織が熱で破壊される時、それぞれ瞬間的では有りますが痛みが有ります。また、プローブを挿入する技術も必要である事からも、熟練した技術が必要になる脱毛手法でもあるのです。但し、エステサロンなどでは、ニードル脱毛による施術を行う所が多くあります。電流と言う電気を流して毛根を破壊して行く手法がニードル脱毛であり、これは別名電気脱毛とも呼ばれています。脱毛には色々な種類が有りますが、呼び名が異なるだけで同じ方法のケースも多いと言えます。光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれているように、ニードル脱毛も電気脱毛の何れかの呼び名で呼ばれるケースが多いのです。

ニードル脱毛は病院で利用できます

最近の脱毛といえば、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など光を利用した脱毛が人気となっています。毛根に針を刺す必要もありませんし、広範囲も短時間で処理ができますので全身脱毛もよりスピーディーに行えるようになっています。かつてはニードル脱毛が人気となっていましたが、こちらは毛根に細い針を差込み、高周波や微弱電流を流し、一本ずつ丁寧に処理していく方法です。ニードル脱毛は時間もかかりますので広範囲の脱毛に向いている方法とは言えませんが、永久脱毛の効果も高く、今でも利用されている方法です。ほくろやタトゥーのある部分はレーザー照射が難しいですが、そういった部分もニードル脱毛なら対応することができますし、男性のヒゲ脱毛なども、すべてなくすのではなく、自然な感じで薄くしたいという場合にもこういった脱毛は向いています。ニードル脱毛は医療行為となりますので、エステサロンで利用するのではなく、病院や脱毛クリニックなどの医療機関で利用することとなっています。

クリニックのニードル脱毛について

クリニックで行われるニードル脱毛は、電気を通した針を毛穴から直接差し込み、毛根に電気による刺激を与えて破壊する施術です。ニードル脱毛の処理には、熟練したスタッフの技術力がなければ毛穴に針が触れ、やけどをする危険性が強いですし、一本一本処理をするため時間がかかるなどのデメリットもあります。そのため、現在ではニードル脱毛よりも医療レーザー脱毛が主流になっています。両者を比較すると、やはり直接もウコンに刺激を与えることのできるニードル脱毛のほうが、リスクはありますが脱毛効果自体は高くなっています。したがって、確実に脱毛したい場合や、太いムダ毛が生えやすい脇などの脱毛に今でも電気針を使用するケースもあります。以前はエステサロンでも行われていましたが、現在ではレーザー脱毛に似た光脱毛が主流になっており、また、危険性が高くトラブルがありましたので、ニードル脱毛を行っているエステサロンはありません。名古屋 脱毛サロンを色々探していた私がいうのだから間違いはありません!

ニードル脱毛の痛みについて

ニードル脱毛と言うのは、プローブと呼ばれるとても細い針を、脱毛する毛穴に挿入してから、プローブに電流を流して、毛穴の奥にある毛根と言う発毛の組織部分を破壊していく方法です。電流を流す事で熱エネルギーが伝わり、毛根を破壊していきますので、時間は掛かりますが、確実に脱毛が出来ると言う利点が有ります。尚、ニードル脱毛というのは、痛みを伴う事からも、クリニックなどで施術を行う場合は麻酔が可能です。しかし、エステサロンなどの場合は、麻酔を取り扱う事が出来ませんので、ニードル脱毛を行う場合は、痛みに耐えながらの処理をする事になります。ニードル脱毛のメリットは、先ほども説明を行ったように、確実に脱毛を行う事が出来る事で、毛根を破壊していますので、そこから再び毛が生えてくる事は少ないとされており、ツルツルの肌を得られると言うメリットがあります。また、針を挿入する場所を選ぶ事で、デザインを行う脱毛も可能にしてくれるのです。